さらばNikon D3

我が家にやってきて

かれこれ1年とちょっと

ニコンの起死回生を賭けたモデルである


それまでスポーツ・報道の世界ではキャノンがメインだったのが

D3の登場で、一気に白いレンズが減ることとなる
(がしかしそれを使うことができたプロカメラマンは限られていた、高すぎたのだ)

(お安いフルサイズ・キャノン5Dが相変わらず一般には売れていた)
c0124795_22545270.jpg


そろそろ次のFSXを考えながらも

その高ISOでのノイズの少なさは不可能を可能とするものであり

機種変更できずにいた


D3のサブを!ってD700を購入するつもりが

SONY α900を買ってしまった~

それと同時にZeissの誘惑にずるずると泥沼にはまっていく自分が・・



結局、D3と周辺機器一式とレンズ10本が嫁に行くこととなった

ホントにいやな所が一つもなかったカメラで八重山のジャングルでも頼もしいの一言

まさに、正真正銘プロ機であった

Nikon D3よありがとう!









そして、

いま、我が家には・・・・・・・

オレンジ色の箱がいっぱいあります~ハァ~
[PR]

by molsheim | 2009-03-31 23:13 | 機材 | Comments(4)

SD9

やはりマイクロレンズ・レスって

現像していて気持ちいいんだよなぁ~


c0124795_2256372.jpg



c0124795_22584454.jpg



c0124795_2312823.jpg



c0124795_236144.jpg



c0124795_2392579.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-03-28 23:09 | 撮影 | Comments(2)

記念撮影

PIEでお願いをして撮影させていただきました

SIGMA MarkⅠと次期FSX SIGMA SD15
c0124795_15241474.jpg
c0124795_15243643.jpg
c0124795_1525319.jpg



急がなくていいのでしっかり作りこんでほしい!



SDのプロトタイプたちと~
c0124795_15231358.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-03-27 15:27 | Comments(2)

エンツォのエンジンを積んだ

赤いタコメーターが付いた車で

c0124795_22201156.jpg


赤い壁紙の友人宅へー

c0124795_2220407.jpg



こんな時、Nikon D3っていいんだよなぁ~デカイけどー
(暗い場所で手持ちでも高ISOのおかげで問題ないのだ)




昨日、2007年にSONYが2007冊出した写真集「αLenses」が届いた~

当時のソニーが本気でやる!って意思表示なのか、ハードカバー143Pの豪華本である

過去ーこの手の本を手にしたことがあるのはキャノンと今は亡きコンタックス

両者とも、そのレンズを持つ・所有することに憧れや優越感を抱かせるものとなっている


ふと、われらがシグマさんではどうだろう~

私は、その気になればほとんどのメーカーのレンズを色んな意味で駆逐するだけの銘品を

創造・生産・販売することができるのでは!っと思っています(50mmF1.4などはまさにそうである)

ただ現在、足りないのは売るための物語と、その中で君臨するであろうEXの上のモデル

スペック・外観とも高級なものではないだろうかー


シグマさんもいつかはLENSの豪華本出してもらいたいと願うのであった!
[PR]

by molsheim | 2009-03-25 23:14 | Comments(0)

ちょっぴり

ストリート・スナップぽい




c0124795_0494554.jpg





もう一度観直してみたくなったー              秒速5センチメートル




c0124795_05261.jpg




ちょっと前に観たのはー             「ほしのこえ」、「雲のむこう、約束の場所」




c0124795_054721.jpg




でも、すぐ観たいのはー             「Somewhere in Time」




c0124795_105754.jpg
    



*久々におっ!って思ったカメラバッグ発見~
  http://fotopus.com/campaign/c090323a/
[PR]

by molsheim | 2009-03-24 01:01 | 撮影 | Comments(3)

こだわりの・・・・・

コンパクトデジカメ  (カメラマン・シリーズの雑誌)

所有していたものも含め4台が出ていたので買ってみた

各機種見開き12Pの6機種+DP2とD-LUX4

大変見やすく購入を考えている人には比較対象できるテストも多く掲載されていて

お勧めの本です
c0124795_115718.jpg


比較対象記事の部分ではJPEG撮ってだしなので

SIGMA DP1には大変不利な結果(色彩)となっている

メーカー営業サイドの気持ちとは裏腹にJPEG画像が足を引っ張っている状況である

SD9やSD10での色合いにそんな不満を持っていなかった者にとって

SD14からの色味は明らかにメインストリームからずれたものとなっている気がします

同等のコンセプトを持つDP1も同じ色味のようです
(当然RAW撮りJPEGなら調整は可能)
c0124795_1125121.jpg

しかし、他社の画質(色合い)が厳密に好ましいのか?と言われると

なかなか難しい話であるーでも一般のユーザーが好むであろう

空は青く・草木は緑や茶・・綺麗な記憶色を再現しようと努力しているのがわかる

決して、本当の色が正義ではないんじゃないかなぁ~と、思う今日この頃ー
c0124795_1519762.jpg

c0124795_11374063.jpg


昔、SDファンサイトではどの色を一番きっちり出してほしいのか?

なんて話が出ていたけどーSD好き特有のマイノリティー意見が大半であった


特異な撮像素子を持って生まれたSD

その特異性を十分に発揮させつつ、広く一般のユーザーから支持される

基本性能と色表現をSD16? の頃には手に入れてほしいと願うばかりです
(存続させるには売れてもらわなくては困るからー)

c0124795_11472166.jpg


c0124795_12111128.jpg



*今回の御供はSONY α900+ミノルタ20mmF2.8とSIGMA 50mmF1.4でした
[PR]

by molsheim | 2009-03-22 12:29 | Comments(0)

やってみたことあるよ!(むか~し)

SIGMA SD10+70-200mmF2.8

SDでこんなん撮ろうと思うこと自体!?ですがー


やればなんとかなるものです、


c0124795_21451510.jpg


c0124795_2146865.jpg


c0124795_21463949.jpg


c0124795_2147136.jpg

c0124795_21472411.jpg

c0124795_21474331.jpg


最近はこの世界衰退してきているようでー

残念です


昔のように色んな団体が入り乱れる華やかな世界になってもらいたいものです

*当時、お客も巻き込んだ大乱闘があったのですがー
 どこのスポーツ誌(TV)よりきっちり撮影していたのは私だけでした・・・・
[PR]

by molsheim | 2009-03-20 21:52 | 撮影 | Comments(4)

年頭所感でも

言っていた

マウント数を増やさない!

あっさり自らやぶってしまった「α900」


なぜ買ったのか!

ホントは「D700」を「D3」のサブで購入しようと思っていたのだけれど

新宿のとあるカメラ屋で「α900」のUSEDが「D700」よりお安い値段で出ているのを発見!

2400万画素一度は使ってみたかったのです・・・

でーまぁ~2~3か月使って買い替えればいいやぁ~

の一言であえなくコ・レ・ク・ダ・サ・イ



同時に手に入れた「Sonnar T*135mmF1.8ZA」


どうもこれがいけなかった 

Carl Zeiss

今から思えば中版カメラ、ペンタコン6・ハッセルを使っていたのは「Zeiss」だから

あの写りにどっぷりと浸かっていたことを

35mmでもM42で「Zeiss」を

去年はマウント改造でSIGMA SAマウントの85mmプラナーと60mmマクロプラナーを


どうやら

開けてはいけない扉を自ら開けてしまったのではなかろうか


EIZOでニコンやシグマやソニーなんぞの画像を毎夜見比べてみると

シグマ「foveon」でしか表現するのが難しかった

立体感(空気感)・密度など「α900+Zeiss/G」は表現できているのではないかと
(あくまでもアマチュア・レベルでー)




Nikon D3の購入の動機は暗所での機動力(実用ISO6400)と

基本性能!これは辺境の地での使用を考えると絶対である

いまだデジタル一眼カメラの中でTOPであり「D3X」が発売されたことによって

より「D3」の優位性は際立つこととなったと思う



こうやって つらつら書きならべて自らに言い聞かせているのだけれど

でも3種類はキツイのでどうにかしなければなるまい



SONY α900+Carl Zeiss Sonnar T*135mmF1.8 ZA
c0124795_22493153.jpg
c0124795_22494618.jpg
c0124795_2250812.jpg
c0124795_22502251.jpg
c0124795_22503812.jpg
c0124795_22505424.jpg




*本日、DP1は会津に里帰りしましたぁ~
[PR]

by molsheim | 2009-03-16 22:53 | 機材 | Comments(2)

気にはなっていたのだけど

今日は午後から新宿へ

友人とカメラ屋巡回

数点の出物をGET

その後

DP1(28mm)で都庁界隈を撮影する
c0124795_022402.jpg

c0124795_0225922.jpg


前からちょっと気になっていたんだけど

左側下の方
c0124795_0235043.jpg



ゴミ!

でー絞り込んでモニターを写してみると~
c0124795_0254221.jpg


過去に数件報告されていた、あってはいけない物が!デカイ!

それ以外にも2ヶ所ほどゴミも見受けられる・・・

製造時の品質管理の問題なのでしょうか?

とりあえず今、朝にでも連絡して会津に送り出すこととなるだろうー
[PR]

by molsheim | 2009-03-16 00:32 | 撮影 | Comments(4)

予約はしたものの  (T・T・P)

はたしていつ頃発売開始なのか・・・DP2


その昔、ミノルタCLEを焦点別に3台を両肩・首からぶら下げて

お散歩撮影に出向いたことがある

結果3台はムリ!

コントロールできなくなるのと、撮影に集中できなくなるー散々である

まぁ そんなバカなことしたやつもいないだろう

c0124795_20394957.jpg



でーDP1とDP2同時に連れ出すシュミレーションをしてみた

我々プチ・カメオタにとってバルナック・ライカなどレンズ交換ができる小さなレンジファインダーカメラに

お散歩撮影カメラの真髄を感じたりするのだがー

変なもので今日はエルマー5cm1本で行くとか梅鉢1本で行くとか自らに試練をあたえることがある

いやできる、気持ちになることが可能なカメラなのであるー


そこでDP1(28mm)とDP2(41mm)なのだが

これに90mm版DP3なんか出た日にはまんまCLEのレンズ構成とほぼ同じ

レンズ交換ができないCLEである

これはもう当然3台いやいや2台(DP1/DP2)

肩から1台と首から1台、携行は必至であるー



交換できないからこそ

自らの苦行として2台持っていくのである

そして

そこにはCLE時代にはなかった別のストレスが

ほぼ同じかたちであってもハード・ソフトウエアともDP2は向上していると思われ

DP1との同時使用に支障がでるのは否めないだろう・・・・試練・鍛練・忍耐(T・T・P)
c0124795_2340383.jpg




 撮前酒でも飲んでヘラヘラしながら撮影するのがベストだろう~
[PR]

by molsheim | 2009-03-13 23:40 | Comments(4)