59年前からの贈り物

ライカⅢfレッド・ダイヤル・・・1950年頃製造




ハーフミラー交換・ファインダー清掃済み・シャッター幕新品・・・・・・・・・・・・・・・完全OH済み

Ⅲfが外観コンディションがダメなだけで26,000円でやってきたのだ


防湿庫の中から取り残されていた

インダスター50 F=5cm  1:3.5

オリオンー15  F=2.8cm  1:6


を引っ張り出して

近日中にテストしなければならない


あとは「DRESSTERIOR」のストラップを探す必要がある。
c0124795_1584170.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-01-31 15:06 | 機材 | Comments(4)

続くUENO ZOO

最近の動物園は

希少動物の繁殖に重きを置いているそうで

国内外の動物園との貸し借り(動物)も頻繁に行われているそうです


時々おじゃまする石垣 竹富島の水牛が年々小さくなってきていて

その理由は血が濃くなっているそうで

今では国内中を探して血縁関係のないオスを探しているそうです

現在アジアからの輸入はワシントン条約で難しいらしい



もう一つの動物園の新たな試みは

朝日山動物園で大きく注目を浴びた

展示の新たな形態である


既に上野動物園でも環境が変わってきているのだけれど

今回、楽しい展示を見ることができた!


ふた指ナマケモノの展示である

ゲージの頭上に穴が開いていて、そこにロープが引っ張ってあって

ゲージ横の木までそのロープが渡してあります


待つこと40分

はじまりました!
c0124795_13481162.jpg
c0124795_13483243.jpg
c0124795_1348531.jpg
c0124795_1349823.jpg

木の上までいっきに上がって

満足して帰って行きます
c0124795_13534516.jpg

c0124795_1438404.jpg

c0124795_13535755.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-01-31 13:54 | 撮影 | Comments(2)

国立科学博物館

地球館 2F

昔、ミュンヘンの博物館に2日間ほど通ったことがあるのですがー

その規模と

敗戦国にも関わらず軍事関係の物が多く保存されていることにも驚きました



でー国立博物館ー地球館2Fである

残念ですが、個人収集家の持ち物の方がすばらしい

それとお子様用アトラクション・・・

悲しい現実である



あまり保存状態の良くない?ある飛行機です
c0124795_21342158.jpg
c0124795_2134418.jpg
c0124795_21351100.jpg
c0124795_21351681.jpg
c0124795_21353476.jpg
c0124795_21355017.jpg
c0124795_2136334.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-01-29 21:36 | Comments(0)

国立科学博物館

地球館 3F

前から来たかった場所です


ここには国内最高の剥製がある

他ではまず見ることができないクオリティー

欧米ではそんなに珍しくはないのだけれど

芸術品クラスの物たちでがここ上野で見ることができる


インフィメーション・ボードを見ると
ハワイの日系の富豪が、ハワイの子供たちに野生動物を見せたいと収集したらしい

(ほんとかどうかは?である、なんせある時期の富豪はハンティングも含め貴重な
動植物を標本として大金をかけてコレクションする事は珍しいことではなかったからだ)

その収集家が亡くなり?管理できないので母国、日本にやって来た。


初めて見たが、およそ個人が収集したとは思えない数と種類と品質である
当然、博物館クラス



もうひとつこの剥製群で気になっていたのがー

生体で国内に上陸したことがないであろう剥製がパンフレット等に見受けられていたから

探すとあまり目立たない所に居ました!

感動です!

きっと、公開を見合わせている剥製がまだまだある気がします
(絶滅危惧種や既に地上から姿を消したものも)

c0124795_20535766.jpg
c0124795_2054267.jpg
c0124795_20545036.jpg
c0124795_2055447.jpg
c0124795_20553091.jpg
c0124795_20554333.jpg
c0124795_20555697.jpg
c0124795_2056961.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-01-28 21:00 | 撮影 | Comments(0)

無茶は分かっているけど UENO ZOOにて

引き続きの

SIGMA APO120-400mmF4.5-5.6DG OS HSMのテスト


フィールドでは厳しい条件が絶えず予想されるため

人体的ではなくカメラ・レンズに過酷なテストをおこなった



撮影条件はロウソク光より暗い

肉眼でなんとか被写体確認ができる程度の条件

(今回は夜行性小動物が被写体)

c0124795_1155356.jpg
c0124795_116994.jpg
c0124795_1162254.jpg
c0124795_116482.jpg
c0124795_1172083.jpg


大変暗く、相手は動き回り、小さい!

そんな条件下で被写体が確認できることはすばらしい

APO120-400 OS にNikon D3は救世主であろう!

*ISO 5600~25600域オート


今回、OSの動作の遅さにはまいりました~TAMRONの方が落ち着くのが早いです。
[PR]

by molsheim | 2009-01-28 11:26 | 撮影 | Comments(0)

最近納車された子たち

SD14+マクロ70mm

c0124795_141417.jpg
c0124795_142758.jpg
c0124795_143984.jpg
c0124795_145047.jpg
c0124795_15460.jpg
c0124795_15162.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-01-28 01:06 | Comments(4)

引き続きテスト

本日もウオーキングも兼ねて

盗撮不審者に見られぬようー近所の公園へ

(長い玉もって街中移動するのは神経使います)


家から二番目に近い公園Bで  -   (D3+120-400mmOS使用)
c0124795_036075.jpg

こんな条件が悪い時もシグマOSとD3の高ISO品質の組み合わせはすばらしいです

c0124795_039222.jpg

c0124795_0395346.jpg

c0124795_0401022.jpg
c0124795_0402686.jpg


小一時間で7000歩でした~


久しぶりに近所の飲み屋に行く

池波正太郎を気取ってオリンパスXAを持って - (SEA&SEA G1使用)
c0124795_0432547.jpg

c0124795_0434378.jpg


*すべて、ノートリミングです
[PR]

by molsheim | 2009-01-26 00:46 | 撮影 | Comments(5)

撮影テスト

昨年、SD14で使用して

それなりのパフォマンスを持っていると感じた

[SIGMA APO120-400mmF4.5-5.6DG OS HSM]

しかし、SD14ではその力を十分に発揮されていないんじゃないか!?

でー

ニコンマウントでのテストである

同時に「FX」⇒「DX」の画角と倍率変化及び画質も確認する



SD15の登場でまた構成が変わるかもしれないが(まぁ有りえないか~)

今年の密林にもD3でとー考えている



去年、大活躍したTAMRON28-300mmASPHERICAL LD XR Di IF MACRO

に比べると、その大きさは嫌になります
c0124795_2042452.jpg

大きさ重量とも撮り手の負担は増え

はたしてその分、絵と画質に差が出るのか?


「FX」⇒「DX」
c0124795_20474548.jpg
c0124795_20475950.jpg

このくらいであれば十分、なんちゃってテレコン代わりになりますね!


件の公園にて、

落葉樹も多いので野鳥でのテストがしやすいです
c0124795_2052491.jpg
c0124795_20521638.jpg
c0124795_20523078.jpg
c0124795_20524244.jpg

すべて、手持ち撮影

結果は

使えそう~

ですがーボケが汚いです

望遠単焦点ではないのですからしょうがないんだけど

酷い

使用上気をつけなくてはいけない点です。



S社Sさんにお願いをしていた物が届いた

感謝!
c0124795_21183744.jpg


*すべて、ノートリミングです
[PR]

by molsheim | 2009-01-23 21:19 | 撮影 | Comments(0)

ちょっくらDP1wで

昼食のついでにパチリ!

でした



お台場デックスにて
c0124795_292140.jpg
c0124795_295932.jpg
c0124795_210167.jpg
c0124795_2103057.jpg
c0124795_2104513.jpg

[PR]

by molsheim | 2009-01-23 02:09 | 撮影 | Comments(0)

1960~70年のあるカメラのお話し

先日来、お話をしている

SIGMA MarkⅠ

このカメラの事、簡単に調べるとリコーのOEMらしいのですが

よくよく調べると

とある米国のサイトに日本の長野にあるカメラ・メーカーが製造を請け負ったであろう

驚きのOEM製造リスト表にたどり着きました

そこにはSINGLEX TLSもそこで製造されたと記載されていました(真実は不明ですが)


また生産年号もまちまちで、どんな順序で・または同時に製造していたかは?

とりあえず、らしい順序に画像を並べてみます

COSINA Hi-Lite
c0124795_2351237.jpg


argus/cosina STL1000
c0124795_23522789.jpg

この前後あたりにコシナはペトリを吸収したらしい~
argus STL 1000
c0124795_2355385.jpg


SINGLEX TLS  Ricoh
c0124795_23575256.jpg


RICOH SINGLEX TLS
c0124795_2359199.jpg


SIGMA Mark Ⅰ
c0124795_23594176.jpg


SEARS T・L・S
c0124795_01766.jpg


       SEARS T・L・S
c0124795_022982.jpg


CHINONFLEX TTL
c0124795_032887.jpg


今回、ざっと調べた兄弟なのか、異母兄弟なのか?ですが

いずれにしても血縁であり

その、祖はRICOH SINGLEX TLS=COSINA Hi-Liteではないかと言うことです。


もし、間違っているようでしたらご指摘ください~


*SA-1もさかのぼるとRICOH=COSINAメイドで兄弟機もどうやらいっぱいいるようです。
[PR]

by molsheim | 2009-01-20 00:09 | Comments(4)