シグマレンズ 新コンセプトイベント <I tested 35mmF1.4 of sale soon>

1970年代
シグマのキャッチコピーは「シグマ・ザ・レンズメーカー」でした。

そして2012年シグマの山木和人社長は、私たちの「これから」として
ーSIGMA GLOBAL VISION-
新たな取り組みを推し進めていくことを発表しました
c0124795_1311086.jpg



設計・製造・検査
この三つ全てを高次元で行なっていく事で、すべてにおいて「最高」を実現する!
新たな「シグマ・ザ・カメラ・レンズメーカー」の始まりでしょうか

我々ファンにとってなんと心強い宣言!!

個人的な話ではありますが社長にお会いするたびお願いごとばかりの9年間でありましたー
新たな大口径単焦点の開発から会津工場をファンの皆さんに見せてもらいたい!私が現地で感じた感動と
製造にあたっていらっしゃる方々のことを皆さんに知ってもらいたい!
そんな願いが一気にかなえられた年となりました。


さて
話が浪花節方向に・・・・・・・

修正!


昔から35mmと135mmは各社とも素晴らしい製品が目白押しの画角で、そこに今回シグマの新ライン「Art」に属する35mmが真っ向勝負することとなります
c0124795_224577.jpg

会場には三つのラインのそれぞれの一号機が!






ハウススタジオ内にて‘35mmF1.4DG HSMを使ってみました


c0124795_273167.jpg

*f1.4

c0124795_28353.jpg

*f1.4

c0124795_283369.jpg

*f1.4

c0124795_28585.jpg

*f1.4

c0124795_292319.jpg

*f2

c0124795_294935.jpg

*f1.4

c0124795_2101774.jpg

*f1.4

c0124795_2104131.jpg

*f2.8

c0124795_211146.jpg

*1.4

c0124795_211383.jpg

*f1.4

c0124795_212373.jpg

*f1.4

c0124795_2122823.jpg

*f1.4


個人的に今回のレンズの肝は開放でどこまで写るか!が、一番気になる所でした
(今どきのレンズ、絞れば一気に良い写りになりますから)

結果は
ピンのあった所はしっかりと解像し、そしてなだらかなボケが得られるものでした^^;
気になる収差も相当抑え込まれているほうだと思います

c0124795_2353427.jpg

*f1.4とf2.8での収差の説明



最後に
新レンズのデザインも大変好感が持てる物で今までのようなチープな感じは皆無である
そして全てのレンズには製造年号が刻印されます!

また、現行モデルも順次新デザイン化されていくそうなのでそちらも楽しみですね、


c0124795_2414125.jpg

お疲れ様でした!






*おまけ
c0124795_243923.jpg
c0124795_2425474.jpg


*新17-70mmMacroも初代モデルとほぼ同じサイズになり写りもかなりいい結果が出ているそうなので
いまから楽しみです!
[PR]

by molsheim | 2012-11-20 03:02 | 撮影 | Comments(2)

Commented by yanaphoto at 2012-11-21 12:39
そんなに明るいレンズは使いそうもないですが
AでもCでもSでもなくて、N(防塵・防滴・防汚のNature)が有ったら買います。
Commented by molsheim at 2012-11-22 14:07
Sラインは防汚は無理として防塵・防滴使用になります。